メニュー















サイト内検索

GPグリーンフィンガーズ
園芸部の活動をチェック

ニュースピックアップ
気になる記事をチェック!
観測至上最も暑かったのは足立区(2004-08-17)
NHK「ご近所の底力」スタジオ収録(2004-07-22)
屋上緑化に人気の「セダム」は熱緩和効果薄い?(2004-08-09)

環境関連サイト
GPお勧めの環境関連サイトをお訪ねください!
チーム・マイナス6%

大塚敦子の世界









 エコプチな人々 : 第4回−イノさん
投稿者 river-rat 投稿日時 2006-11-26 13:29:40 (4653 ヒット)        印刷用ページ


第4回
イノさん
「畑の母」


「たとえば君がいるだけで」

は米米クラブのヒット曲だが、イノさんはまさにその存在自体がエコプチに必要とされている「畑の母」である。

お客さんが来ても、イノさんは自分からすすんで座り、話しに加わるということはない。
かわりに

「どーぞ」

と一言いってお茶を出してくれる。一見無愛想にも見えるが、暑いときには冷たいものを、寒いときには暖かいものを出してくれるし、砂糖の加減などの細かいところまで、心遣いが行き届いている。
探し物がみつからないと

「イノさん、あれどこだっけぇ」

とスタッフが聞くと、すぐに見つけてくれるし、エコプチになにか問題があると一番はじめに見つけるし、だれか突然の訪問者があると知らせてくれるのもイノさん。

「イノさんは常駐スタッフですか?」

とお客さんに聞かれるほどだ。

イノさんは、エコプチが草ぼうぼうの頃からの歴史を知るエコプチの生き字引でもある。

「あんときゃーさあ、そりゃ大変だったんだよー」

仲良くなると、ニコニコしながら色々と話をしてくれるので聞いて見るといい。見たものにしか語れない物語があるだろう。

エコプチがみんなに愛される場所になっているのは、みんなを迎え入れてくれる人がいるからだ。

イノさんは、その大切な役目をもくもくとこなしている。


Designed by
- Copyright © 2002-2003 Green Project All Rights Reserved -