メニュー















サイト内検索

GPグリーンフィンガーズ
園芸部の活動をチェック

ニュースピックアップ
気になる記事をチェック!
観測至上最も暑かったのは足立区(2004-08-17)
NHK「ご近所の底力」スタジオ収録(2004-07-22)
屋上緑化に人気の「セダム」は熱緩和効果薄い?(2004-08-09)

環境関連サイト
GPお勧めの環境関連サイトをお訪ねください!
チーム・マイナス6%

大塚敦子の世界









 エコプチな人々 : 第5回−モリさん
投稿者 river-rat 投稿日時 2006-11-26 13:35:39 (4676 ヒット)        印刷用ページ


第5回
モリさん
「ムードメーカー」


どこまでが本当で、どこからが嘘なのか、つかみどころのないのがモリさん。

とてもまじめな話をしてみんなが聞き入ったかと思えば、とつぜん突拍子もないことをいってみんなを笑わせる。
エコプチの回転テーブルでは、まじめな話とおちゃらけた話が2:8くらいの割合だが、森さんが加わると1:9くらいになる。

それが交流を円滑にさせる役目を果たしているのだ。

森さんがエコプチな人になったきかっけは、奥さんがエコ農園を利用したことだ。畝おこしを頼まれたときは

「なんで俺がそんなことしなきゃなんないんだー!」

と怒ったという。
しかしその年きゅうりが大豊作となり、住んでいるマンションのご近所に分けたところ、あっという間にマンションの人気者になったそうだ。

それならもっときゅうりをつくろうと、翌年全面できゅうりを栽培するも、渇水でほとんど収穫できず、農業の奥深さと、環境問題が生活に与える影響を知り、のめり込んだという。

「いま考えると、地域に居場所があって、すごくよかった。ここのない生活はちょっと考えられない」

とモリさん。
モリさんの感想は、団塊世代が一斉に地域にかえるこれからの時代に、居場所の必要性を考えさせてくれる。

モリさんは、ハーモニカの演奏者でもある。エコプチでイベントがあるときは、エコプチバンド「モリと松のかおり」のハーモニカを担当している。

「吹くのはハーモニカじゃなくて、ホラなんじゃないの?」

そんな野次に照れ笑いしながら、モリさんのハーモニカが畑に響き渡る。




Designed by
- Copyright © 2002-2003 Green Project All Rights Reserved -