メニュー















サイト内検索

GPグリーンフィンガーズ
園芸部の活動をチェック

ニュースピックアップ
気になる記事をチェック!
観測至上最も暑かったのは足立区(2004-08-17)
NHK「ご近所の底力」スタジオ収録(2004-07-22)
屋上緑化に人気の「セダム」は熱緩和効果薄い?(2004-08-09)

環境関連サイト
GPお勧めの環境関連サイトをお訪ねください!
チーム・マイナス6%

大塚敦子の世界









 エコプチな人々 : 第7回−アルミ缶リサイクル隊長・Kさん
投稿者 river-rat 投稿日時 2006-11-26 18:01:07 (4763 ヒット)        印刷用ページ


第7回
アルミ缶リサイクル隊長・Kさん
「不思議なネットワーク」


いつの頃からかアルミ缶リサイクル隊長と呼ばれるようになったKさん。

毎週山のよう集めるアルミ缶は、組織の活動のをささえる重要な資金源になっている。

アルミ缶収集で得た資金で、昨年度エコプチに会議室兼講座用のビニールハウスを建設することが出来た。ハウスの名前を「Kハウス」にしようかと思ったが

「それじゃあムネオハウスになっちまうべ!」

ということで、結局「あきかんハウス」という名前に落ち着いた経緯がある。

ところでK隊長は、どうやってアルミ缶を収集しているのだろう?

体に障害をもつK隊長は、健康維持のために毎朝公園の散歩をしている。
アルミ缶収集を始めるようになると、自分の家で缶を集めるだけでなく、散歩仲間に声をかけてアルミ缶をもってくる協力を依頼した。
特筆すべきはそのネットワークの広さで、飲食店なども含め、様々なルートからアルミ缶が集まってくる。K隊長がいかに人望があり、信頼されているかが伺える。
K隊長はもともと人見知りが激しく、あまり社交的ではなかったが、組織運営になくてはならないポジションと、円卓で繰り広げられる開放的な交流に、少しずつ慣れはじめてきたようだ。
K隊長はけっして自分をひけらかしたりしないし、人に頼ることもない。えばることもないし、文句を言うこともない。
けれどもK隊長が陰日なたなく、愚痴もこぼさず、もくもくとアルミ缶を集めているのをみんなが知っている。
だからK隊長は、いつでも誰からも暖かく迎えられるのだろう。

不思議なネットワークが構築できた理由も、そんなところにあるのかもしれない。
「今週はどれくらいたまったかなあ?」
自らかしたノルマを、黙々と、生き生きと今日もこなしているそんな隊長に、みんなもついていくのが楽しい。


Designed by
- Copyright © 2002-2003 Green Project All Rights Reserved -